コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政令指定都市の区割り

1件 の用語解説(政令指定都市の区割りの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

政令指定都市の区割り

指定市は地方自治法に基づき、市域をいくつかの区に分けて区役所を設置しなければならない。都市の規模が大きくなっても日常生活に密着したきめ細やか行政サービスを提供する目的。熊本市が2009年11月に設けた市行政区画等審議会は区割りと区役所の位置について答申をまとめ、市長に提出し、市議会が議決する。4月から区役所の開設準備を始めたい熊本市は「2月中旬までに答申をいただき、市の方針を決めたい」としたが、審議会は「時間をかけて審議すべきだ」としてまとまっていない。市は「3月上旬か中旬までに答申がほしい」と話している。

(2010-01-19 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政令指定都市の区割りの関連キーワード一部事務組合地方公務員法地方道路公社地方自治体区営市町村議員報酬地域協議会地域自治区包括外部監査

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone