コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

故戦・防戦 こせんぼうせん

1件 の用語解説(故戦・防戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こせんぼうせん【故戦・防戦】

中世に私的な争いで,戦いをしかけることとそれを防いで戦うことを,〈故戦防戦〉と称した。1346年(正平1∥貞和2)12月13日の室町幕府の裁判例,〈諸国狼藉条々〉の中の〈故戦防戦事〉という項に,〈たとえ,確論の宿意があっても,上訴(幕府裁判所に提訴すること)を経て裁断を仰ぐべきのところ,雅意に任せて闘殺に及ぶ者は其の科遁れがたし。所詮,故戦においては,本訴の道理を懐くと雖えども,濫吹の罪責遁るべからず,(中略)今後は固く禁止する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

故戦・防戦の関連キーワード強手腰掛ける故戦言葉を掛ける攻める話し掛ける思いを掛ける問掛ける人橋掛ける吹掛ける

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone