コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救急のコンビニ化と院内暴力

1件 の用語解説(救急のコンビニ化と院内暴力の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

救急のコンビニ化と院内暴力

軽症者の救急搬送数は06年、254万件と10年間で1・5倍に増えた。総務省消防庁の04年調査では、全出動の3・4%が緊急性がないのに年5回以上搬送要請をした人によるもので、24時間、自分の都合で利用する「救急のコンビニ化」が進む。患者とのトラブルも頻発。東京都医師会が06年、都内274の救急施設に実施した調査(回答率71%)では、院内の安全について79施設が「大変不安」「不安」と回答。暴言・暴行は117例に上った。

(2008-02-08 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

救急のコンビニ化と院内暴力の関連キーワード救急田救急医療救急病院軽症社会死PA連携救急医療体制奈良・妊婦搬送中死産問題日本救急医学会の救急医療における終末期医療のあり方に関するガイドライン案県内の救急医療

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone