コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救急医療と輪番制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

救急医療と輪番制度

現在の救急医療体制は77年にできた。1縞軽症患者)、2縞入院や手術の必要な患者)、3縞生命の危険がある重篤患者)の症状のレベルに応じた医療機関の整備▽地域の医療機関が交代で夜間・休日をカバーする輪番制度などだ。当時、救急の主な対象は交通事故で、自由診療のため利幅が大きかったが、今は高齢者らの急病が多く、医療費抑制で報酬は増えない。訴訟リスクなどもあり、経営的理由で救急から撤退する病院が増えたと指摘されている。

(2008-02-16 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android