コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救急医療と輪番制度

1件 の用語解説(救急医療と輪番制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

救急医療と輪番制度

現在の救急医療体制は77年にできた。1縞軽症患者)、2縞入院や手術の必要な患者)、3縞生命の危険がある重篤患者)の症状のレベルに応じた医療機関の整備▽地域の医療機関が交代で夜間・休日をカバーする輪番制度などだ。当時、救急の主な対象は交通事故で、自由診療のため利幅が大きかったが、今は高齢者らの急病が多く、医療費抑制で報酬は増えない。訴訟のリスクなどもあり、経営的理由で救急から撤退する病院が増えたと指摘されている。

(2008-02-16 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

救急医療と輪番制度の関連キーワード救命救急センター救急医療パラメディック周産期連携病院救急医療体制日本救急医学会の救急医療における終末期医療のあり方に関するガイドライン案地域医療計画救急告示医療機関県内の救急医療救急告示の医療機関

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone