コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救急医療用ヘリコプタ きゅうきゅういりょうようヘリコプタ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

救急医療用ヘリコプタ
きゅうきゅういりょうようヘリコプタ

2007年に策定された「救急医療用ヘリコプタを用いた救急医療の確保に関する特別措置法」に基づき,救急医療に必要な機器および医薬品を装備し,高度な救急医療を行なう病院の施設として,医師がただちに搭乗できる場所に配備されているヘリコプタ。高度救命救急センターに待機し,消防本部からの出動要請により救急専門医と看護師が乗って,2~5分以内に離陸する。現場に到着したヘリコプタは患者の近くに着陸し,その場で医師が診断,治療を施して搬送する。これにより治療開始時間が早まり,患者の救命率が向上し,予後の改善もはかられる。ヘリコプタを使用した救急医療制度は 2001年度から厚生労働省の事業として正式に始まった。欧米では 1970年代から普及が始まり,交通事故,心臓および脳疾患などの急病に対し 15分以内の治療開始を基準として多大な効果を上げている。(→救急医療システム救命救急センター

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

救急医療用ヘリコプタの関連キーワードドクターヘリ地域医療