コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教会旋法[church mode] キョウカイセンポウ

音楽用語ダスの解説

教会旋法[church mode]

中世ヨーロッパ音楽の基本となる7種類の音階。ドレミファソラシのそれぞれを基音として、各々の音から出発するスケール。アイオニアン・スケールは長音階、エオリアン・スケールは短音階として残っている。ジャズで使われるモード理論もここから派生している。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

教会旋法[church mode]の関連キーワードエリック・アルフレッド・L. サティバロック時代 [baroque]ヴィリ ブルクハルトミクソリディア旋法スコットランド音楽調(音楽理論用語)モード[mode]ムシカ・フィクタアイルランド音楽ビザンティン音楽ピカルディ3度ミンネジンガーグレゴリオ聖歌ノルウェー音楽モード・ジャズグラレアーヌスグラレアヌスギリシア旋法フリギア旋法リディア旋法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android