コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教会旋法[church mode] キョウカイセンポウ

1件 の用語解説(教会旋法[church mode]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

教会旋法[church mode]

中世ヨーロッパ音楽の基本となる7種類の音階。ドレミファソラシのそれぞれを基音として、各々の音から出発するスケール。アイオニアン・スケールは長音階、エオリアン・スケールは短音階として残っている。ジャズで使われるモード理論もここから派生している。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教会旋法[church mode]の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ共同体単一ヨーロッパ議定書ヨーロッパ連合ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone