コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教員の評価システム

1件 の用語解説(教員の評価システムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

教員の評価システム

各教員が自己目標を立て、その達成度などを参考に5段階評価される評定システム。結果は本人にも開示され、不服の申し立ても受け付ける。今後は昇給などへの反映も検討する予定。教諭の場合、年度初めに「勤務評価書」へ目標を記述し、途中で目標の追加・変更もできる。評価する側の校長は目標以外も考慮して総合評価を下す。教頭は校長から、小中学校長は各市町村の教育長から、高校長は県教委高校教育課長から評価される。県教委によると、教員の評価システムはすでに6都府県で実施。06年度からは秋田以外に19府県が実施を予定している。

(2006-02-01 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教員の評価システムの関連キーワードKPI目標管理PPBS自己統制角を立てる達成販売員業績評価販売割当ミレニアム開発目標(MDGs)目標管理制度 / MBO

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教員の評価システムの関連情報