コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教員の評価システム

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

教員の評価システム

各教員が自己目標を立て、その達成度などを参考に5段階評価される評定システム。結果は本人にも開示され、不服の申し立ても受け付ける。今後は昇給などへの反映も検討する予定。教諭の場合、年度初めに「勤務評価書」へ目標を記述し、途中で目標の追加・変更もできる。評価する側の校長は目標以外も考慮して総合評価を下す。教頭は校長から、小中学校長は各市町村の教育長から、高校長は県教委高校教育課長から評価される。県教委によると、教員の評価システムはすでに6都府県で実施。06年度からは秋田以外に19府県が実施を予定している。

(2006-02-01 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android