コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教科書採択制度

1件 の用語解説(教科書採択制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

教科書採択制度

市町村立の小中学校で使う教科書の採択権限は各市町村教委にあるが、無償措置法により、一定区域を採択地区として決め、地区内の市町村は同じ教科書を採択することとしている。採択地区は都道府県教委が決める。通常、採択地区協議会を設け、教員らからなる調査員を置き、その意見を参考にして決める。採択期限は使用年度の前年度の8月31日。

(2011-09-02 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教科書採択制度の関連キーワード教科書教科書検定制度国定教科書教科書の検定教科書の採択教科書体拡大教科書自治体の教科書採択中高一貫校光村図書出版

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教科書採択制度の関連情報