コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散ける・粗ける あらける

大辞林 第三版の解説

あらける【散ける・粗ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 あら・く
離れ離れになる。散り散りになる。 「あやしき少女の去りてより、程なく人々-・けぬ/うたかたの記 鷗外」 「是に-・けたる卒いくさ更に聚る/日本書紀 舒明訓
道や場所をあける。また、間をあける。 〔日葡〕
火や灰などをかきひろげる。 「馳走ぶりに火を-・ける/多情多恨 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android