散り掛かる・散り掛る(読み)ちりかかる

大辞林 第三版の解説

ちりかかる【散り掛かる・散り掛る】

( 動五[四] )
散ってその上に落ちかかる。 「花びらが肩に-・る」
散りはじめる。散りかける。 「桜の花もそろそろ-・ってきた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android