コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦煌・莫高窟

1件 の用語解説(敦煌・莫高窟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

敦煌・莫高窟

北京から西へ約1800キロ。甘粛省西部の河西回廊の西端にある石窟群の総称。シルクロードの東西交通の要衝として栄えた敦煌の市街地から約20キロ離れた砂漠地帯に莫高窟がつくられた断崖(だんがい)がそびえる。衣をまとった天女が飛び交う「飛天」をはじめとする壁画や仏像で知られ、87年にユネスコ世界遺産に登録された。南北約1・6キロにわたって4世紀から14世紀にかけて、計735カ所の石窟が造営され、うち492カ所の石窟に壁画がある。敦煌研究院が80年代初めに調査した当時の壁画の総面積は4・5万平方メートル。これには損傷分も含まれており、それを除くと4万平方メートルになるとみられる。

(2006-03-26 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敦煌・莫高窟の関連キーワード河西甘粛省玉門関前涼陽関嘉峪関玉門酒泉甘粛地震張掖

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敦煌・莫高窟の関連情報