コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦賀市のごみ処分場問題

1件 の用語解説(敦賀市のごみ処分場問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

敦賀市のごみ処分場問題

87年に処分場を開設したキンキクリーンセンターが02年に経営破綻し、00年に福井県が搬入を止めさせるまで容量の13倍の産廃と一般廃棄物が運び込まれた。搬入量は東京ドームほぼ1杯分の119立方メートルで国内最大級。周辺から有害物質が検出され、県と市が対策工事に踏み切った。費用102億円は国が39億円を支援、県が42億円、市が20億円を負担する。市の負担のうち14億円を各団体に請求した。工事は周りを遮水壁で囲み、表面をアスファルトシートで覆う。

(2008-03-03 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敦賀市のごみ処分場問題の関連キーワードスクリーンダンプきんきんクリーンクリーンローンサンスクリーンクリーム前期繰越利益安定型最終処分場と管理型最終処分場御嵩町の産廃処分場問題郡山の産廃処分場差し止め訴訟

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone