数の表現(読み)かずのひょうげん(英語表記)number representation

世界大百科事典 第2版の解説

かずのひょうげん【数の表現 number representation】

記憶装置の最小単位は二つの値を区別するもので,二進法1桁に対応する。これを,binary digit(二進数)を短縮してビットbitと呼ぶ。実際には連続する複数個のビットをまとめて用いる。nビットを用いると最大2n通りの値を表現できる。nの値も,2のべきとするのが,計算機の処理上好都合なので,nの値として8,16,32,64,128等が用いられる。n=8のときは256通りとなり,欧米の文字,数字,その他の記号を表現するのにほぼ十分と言えるので,計算機の命令が指し示す単位を8ビットとするのが大勢である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数の表現の関連情報