コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敲き たたき

1件 の用語解説(敲きの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たたき【敲き】

〔「叩たたき」と同源〕
1720年、江戸幕府により制定された刑罰の一種。衣服を剝ぎ取りひざまずかせた罪人の肩・背・腰を殴打する。その回数は一般には五〇回、重罪の場合一〇〇回が常であった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

敲きの関連キーワードバロック音楽徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志王鳴盛サボイア家藤井右門間部詮房サボイ宮殿

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敲きの関連情報