コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

整える・調える・斉える ととのえる

大辞林 第三版の解説

ととのえる【整える・調える・斉える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 ととの・ふ
本来あるべききちんとした状態にする。乱れをなおす。整理する。 《整》 「服装を-・える」 「隊形を-・える」 「机の上を-・える」 「準備を-・える」
必要なものをそろえる。 《調》 「旅行に必要なものを-・える」
調子・リズムなどをあわせる。 「拍子を-・える」 「呼吸を-・える」
話し合ってまとめる。 《調》 「縁談を-・える」
調整してうまくまとめる。望むような状態にもっていく。 《調》 「夫それを機嫌の好い様に-・へて行くが妻の役/十三夜 一葉
多数の人をまとめる。 「網引あびきすと網子あご-・ふる海人あまの呼び声/万葉集 238
買う。 「酒を-・へに来たほどに/狂言・伯母が酒 鷺流

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android