敵討物(読み)かたきうちもの

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 かたき討ちをテーマとした小説、浄瑠璃、脚本、講談などの総称。あだうちもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の敵討物の言及

【仇討物】より

敵討を主題とした文学・芸能の一系統。敵討物(かたきうちもの)ともいう。中世の謡曲,幸若から古浄瑠璃を経て,近世の歌舞伎,人形浄瑠璃や読本,実録,講釈,浪花節など,さまざまの分野で扱われ,重要な一系統を形づくっている。…

※「敵討物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android