コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化庁の古墳壁画保存活用検討会

1件 の用語解説(文化庁の古墳壁画保存活用検討会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

文化庁の古墳壁画保存活用検討会

高松塚・キトラ両古墳壁画の保存活用を考えるため、2010年4月に設立。考古学や美術、文化財保存の専門家らがメンバーで、今年1月までに14回の会合を重ねた。17年ごろの修理完了予定を見据え、今年度内に高松塚壁画の修理後の扱いについて結論を出す予定で、結論は文化庁長官に提出され、参考にされる。

(2014-03-09 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文化庁の古墳壁画保存活用検討会の関連キーワード奈良・高松塚古墳奈良・キトラ古墳の壁画公開玄武高松塚壁画館入江正巳江本義数寺田春弌キトラ古墳(亀虎古墳)高句麗古墳壁画高句麗古墳群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文化庁の古墳壁画保存活用検討会の関連情報