コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化庁の重要文化財(建造物)の耐震診断の指針

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

文化庁の重要文化財(建造物)の耐震診断の指針

阪神大震災をきっかけに99年4月に策定所有者が柱の太さや本数、壁の厚さなどを点数化する「所有者診断」、専門家が図面や外観などを基に、基本的に建物を解体せず耐震性をみる「基礎診断」、さらに専門的で内部を見るために外装をはがす場合などもある「専門診断」の順に行う。基礎診断は300万〜400万円、専門診断はその倍以上はかかるとされ、費用の半額以上は国や県が補助する。

(2008-05-20 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

文化庁の重要文化財(建造物)の耐震診断の指針の関連キーワード阪神大震災

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android