コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文如上人 もんにょしょうにん

1件 の用語解説(文如上人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

文如上人

江戸後期の浄土真宗の僧。西本願寺十八世。十七世法如上人の長男。京都生。名は光輝、幼名は完千代満・幸君、別号に悠々子、諡は信入院。父法如の跡を継いで興正寺独立問題の是正や、宗義をめぐる学林内の論争の解決に尽力、また蓮如上人三百回忌を厳修した。茶を薮内家六世比老斎に学び、詩歌・絵画などもよくした。寛政11年(1799)寂、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文如上人の関連キーワード法如上人本如上人蓮如上人良如上人乗如上人湛如上人宝如上人寂如上人本願寺派お西

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone