コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸春秋[株] ぶんげいしゅんじゅう

1件 の用語解説(文芸春秋[株]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんげいしゅんじゅう【文芸春秋[株]】

菊池寛が創業した出版社。1923年1月,菊池寛は自宅に文芸春秋社を設立,《文芸春秋》を発刊した。当初,菊池寛の個人所有だったが,28年5月株式会社組織に変更,菊池寛は社長に就任した。その後,映画・演劇・婦人雑誌などを刊行したが,現在《オール読物》《文学界》が残っている。35年に芥川賞直木賞,39年に菊池寛賞が設けられ,38年に設立された財団法人日本文学振興会〉が授賞事務を行っている。1937年日中戦争が勃発すると,《文芸春秋・事変増刊》を《現地報告》と改題,月刊化し(1938),《大洋》を創刊(1939),43年には満州文芸春秋社を設立するなど戦争協力の姿勢を強めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文芸春秋[株]の関連キーワード青ノ洞門新思潮菊池寛賞文芸春秋井村寿二相賀徹夫佐藤亮一(2)鈴木一平原亮一郎山本重彦

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone