文芸時代・文藝時代(読み)ぶんげいじだい

大辞林 第三版の解説

ぶんげいじだい【文芸時代・文藝時代】

文芸同人雑誌。1924(大正13)~27年(昭和2)、金星堂発行。川端康成・横光利一ら新進作家を同人として創刊、既成リアリズムに対立する独自な感覚的表現を開拓し、「新感覚派」の名称を与えられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android