コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文部科学省のいじめの定義

1件 の用語解説(文部科学省のいじめの定義の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

文部科学省のいじめの定義

(1)自分より弱いものに対して一方的に(2)身体的・心理的な攻撃を継続的に加え(3)相手が深刻な苦痛を感じているもの、としている。実際に個々の事例がいじめに該当するかは、児童・生徒の立場になって判断するよう求めている。05年度は全国で公立の小学、中学、高校などで計2万143件発生し、愛知県が全国最多の2597件、岐阜県は357件、三重県が314件。

(2006-11-02 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文部科学省のいじめの定義の関連キーワード他者一方的御疲れ様下問広軌レッテルを貼る苛め決め付けるいじめの定義五所川原市教委のいじめ調査

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone