コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文閑

1件 の用語解説(文閑の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

文閑

室町後期・安土桃山時代の時宗の僧・連歌師。京都歓喜光寺に住す。里村紹巴と同時代に活躍、「羽柴千句」「信長追善旧百韻」等の連衆にその名がみえる。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文閑の関連キーワード道残源立山岡如軒安土桃山時代織豊時代天王寺屋紹巴天正文禄重阿梵阿

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone