斉子内親王(2)(読み)せいしないしんのう

  • 斉子内親王(2) せいしないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

921-936 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の第15皇女。
延喜(えんぎ)21年生まれ。母は源和子(わし)。延長元年内親王となる。承平(じょうへい)6年伊勢斎宮(さいぐう)ときまったが,伊勢へおもむかないまま同年5月11日に死去した。16歳。名は「ただこ」「ときこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる