斎藤 憲三(読み)サイトウ ケンゾウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

斎藤 憲三
サイトウ ケンゾウ


肩書
衆院議員(自民党),TDK創設者

生年月日
明治31年2月

出身地
秋田県由利郡仁賀保町

学歴
早稲田大学商学部卒

経歴
秋田県平沢町長を経て、昭和17年衆院議員に初当選。以来通算5回当選。この間、経済企画政務次官、科学技術政務次官を務める。また自民党広報副委員長、対外経済協力副委員長、衆院科学技術振興対策特別委員長等を歴任。一方、東京電気化学工業(現・TDK)を創立し、代表取締役、顧問などを務めた。また49年本庄市内に心と心社を設立、55年まで小新聞「心と心」を発行。平成3年その縮刷版が刊行された。

没年月日
昭和45年10月31日

家族
父=斎藤 宇一郎(衆院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android