コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤 精輔 サイトウ セイスケ

20世紀日本人名事典の解説

斎藤 精輔
サイトウ セイスケ

明治・大正期の辞書編纂者



生年
慶応4年7月11日(1868年)

没年
昭和12(1937)年5月13日

出生地
周防国(山口県)

学歴〔年〕
帝国大学中退

経歴
小学校訓導を務めたのち、明治19年上京。三省堂創業者亀井忠一の依嘱で、公爵毛利家の家庭教師のかたわら、英語辞書の編纂を手掛ける。21年イーストレーキ、棚橋一郎の名による英和辞典刊行後、辞書編纂に専念。ついで教科書出版を企画し、24年三省堂編修所設立。31年「日本百科大辞典」編纂開始、41年第1巻を発売、第6巻まで刊行するが、45年三省堂倒産。完結を志して自ら刊行会を組織、編纂主幹となり学界、財界の援護を受け、大正8年全10巻を完成させた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android