斎藤 達雄(読み)サイトウ タツオ

20世紀日本人名事典の解説

斎藤 達雄
サイトウ タツオ

昭和期の俳優



生年
明治35(1902)年6月10日

没年
昭和43(1968)年3月2日

出生地
東京市深川区佐賀町(現・東京都江東区)

学歴〔年〕
京華商中退

経歴
15歳でシンガポールに海外修業に出され、6年後に帰国。商社に勤めたのち大正12年松竹蒲田撮影所に入り、「狼の群」で俳優デビュー。その後、小津安二郎に認められて、昭和3年「若人の夢」に出演。以後、「会社員生活」「足に触った幸運」「東京の合唱」「生れてはみたけれど」「落第はしたけれど」「美人哀愁」「お琴と佐助」「人生のお荷物」「淑女は何を忘れたか」「浅草の灯」「南の風」「開戦の前夜」など太平洋戦争の前期にかけ400本以上の作品に主演、脇役として活躍、長身とシニカルな笑いが売りものだった。40年アメリカ映画「ロード・ジム」に出演後、引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

斎藤 達雄 (さいとう たつお)

生年月日:1902年6月10日
昭和時代の俳優
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤 達雄の関連情報