斎藤 達雄(読み)サイトウ タツオ

20世紀日本人名事典の解説

斎藤 達雄
サイトウ タツオ

昭和期の俳優



生年
明治35(1902)年6月10日

没年
昭和43(1968)年3月2日

出生地
東京市深川区佐賀町(現・東京都江東区)

学歴〔年〕
京華商中退

経歴
15歳でシンガポールに海外修業に出され、6年後に帰国。商社に勤めたのち大正12年松竹蒲田撮影所に入り、「狼の群」で俳優デビュー。その後、小津安二郎に認められて、昭和3年「若人の夢」に出演。以後、「会社員生活」「足に触った幸運」「東京の合唱」「生れてはみたけれど」「落第はしたけれど」「美人哀愁」「お琴と佐助」「人生のお荷物」「淑女は何を忘れたか」「浅草の灯」「南の風」「開戦の前夜」など太平洋戦争の前期にかけ400本以上の作品に主演、脇役として活躍、長身とシニカルな笑いが売りものだった。40年アメリカ映画「ロード・ジム」に出演後、引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

斎藤 達雄 (さいとう たつお)

生年月日:1902年6月10日
昭和時代の俳優
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤 達雄の関連情報