コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤 達雄 サイトウ タツオ

20世紀日本人名事典の解説

斎藤 達雄
サイトウ タツオ

昭和期の俳優



生年
明治35(1902)年6月10日

没年
昭和43(1968)年3月2日

出生地
東京市深川区佐賀町(現・東京都江東区)

学歴〔年〕
京華商中退

経歴
15歳でシンガポールに海外修業に出され、6年後に帰国。商社に勤めたのち大正12年松竹蒲田撮影所に入り、「狼の群」で俳優デビュー。その後、小津安二郎に認められて、昭和3年「若人の夢」に出演。以後、「会社員生活」「足に触った幸運」「東京の合唱」「生れてはみたけれど」「落第はしたけれど」「美人哀愁」「お琴と佐助」「人生のお荷物」「淑女は何を忘れたか」「浅草の灯」「南の風」「開戦の前夜」など太平洋戦争の前期にかけ400本以上の作品に主演、脇役として活躍、長身とシニカルな笑いが売りものだった。40年アメリカ映画「ロード・ジム」に出演後、引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

斎藤 達雄 (さいとう たつお)

生年月日:1902年6月10日
昭和時代の俳優
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

斎藤 達雄の関連キーワード大人の見る繪本 生れてはみたけれど奥様に知らすべからず九ちゃんのでっかい夢青春の夢いまいづこ母を尋ねて三百里南の風 瑞枝の巻大学は出たけれど暖流 啓子の巻果てしなき情熱カルメン純情す幽霊大いに怒るエロ神の怨霊春は婦人から大学よいとこ暖流 銀の巻鼻唄お嬢さんせきれいの曲十日間の人生その夜の妻ママの縁談

斎藤 達雄の関連情報