斎藤 雷太郎(読み)サイトウ ライタロウ

20世紀日本人名事典の解説

斎藤 雷太郎
サイトウ ライタロウ

昭和期の俳優,文化運動家



生年
明治36(1903)年10月18日

没年
平成9(1997)年6月7日

出生地
神奈川県横浜市

経歴
小学校を4年で中退、東京・浅草で丁稚奉公の後、京都松竹下加茂撮影所で時代劇の大部屋俳優となった。昭和5年阪東妻三郎に認められ「からす組」に出演。従業員向けに「スタヂオ通信」を発刊。のち雑誌「世界文化」の中井正一、久野収らと合流、11年紙名を「土曜日」と改め隔週刊とした。淀川長治が映画を紹介、久野が人民戦線の動向を書いた同誌を京都市内の喫茶店に配り歩き、暗い時代の反ファシズム文化運動となる。12年治安維持法違反で逮捕され、同誌も終刊。半年後釈放。戦後京都で古物商を経営。他の映画出演に「土屋主税」など。映画監督・伊藤俊也による評伝「幻の『スタヂオ通信』へ」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android