コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斗帳・戸帳 とちょう

大辞林 第三版の解説

とちょう【斗帳・戸帳】

〔斗ますを伏せたような形をしているのでいう〕
貴族の使う帳台の上からおおっている布。
仏像などを安置した厨子ずしなどの上にかける覆い。金襴きんらん・錦など美しい布で作られる物が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報