料簡・了見・了簡(読み)りょうけん

大辞林 第三版の解説

りょうけん【料簡・了見・了簡】

( 名 ) スル
考え。気持ち。思案。 「けちな-」 「 -が狭い」
よく考えて判断すること。推しはかり考えをめぐらすこと。 「好く-して前後を考へて見たら/金色夜叉 紅葉
許すこと。がまんすること。勘弁。 「何程詫びても-は成りません/怪談牡丹灯籠 円朝
処置。とりはからい。 「重てよろしく御-有るべしとの御意の趣/浄瑠璃・丹波与作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android