コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜掛け・斜掛 はすかけ

大辞林 第三版の解説

はすかけ【斜掛け・斜掛】

〔「はすがけ」とも〕
ななめ。はす。 「 -に切る」 「汽車は右の肩から乳の下を腰の上迄見事に引き千切つて、-の胴を置き去りにして行つたのである/三四郎 漱石
「斜掛け本多」の略。 「 -の先を左巻きに散らし/洒落本・辰巳婦言」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

斜掛け・斜掛の関連キーワード洒落本

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android