コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)

1件 の用語解説(新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)

経済界や労働界、有識者、報道関係者ら約150人の組織。国鉄の分割・民営化を進めた亀井正夫氏が会長を務めた前身の政治改革推進協議会(民間政治臨調)は90年代前半、小選挙区比例代表連用制を提唱するなど政治改革選挙制度改革論議に大きな影響を与えた。現体制に移行した03年には総選挙に向け政党に政権公約(マニフェスト)作成を提唱。昨年11月には憲法59条の「3分の2」以上の賛成による再可決について「再議決しうる権限を封印する必要はどこにもない」と提言した。

(2008-01-18 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)の関連キーワード利害関係者経済主義有識経済界経済闘争識者有識者プレスキット特待生問題有識者会議消費者行政の一元化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone