コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新しい法曹養成制度

1件 の用語解説(新しい法曹養成制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新しい法曹養成制度

法曹養成制度の改革は、政府が進める司法制度改革のなかで裁判員制度と並ぶ柱の一つ。育てる過程に重きを置いて、法科大学院の修了者だけが新司法試験を受験できる仕組みにした。一方では00年度に約千人だった司法試験合格者を「10年までに3千人に増やす」構想があり、「法科大学院を修了すれば7、8割は合格する」というのが当初の制度設計。しかし、予想を超える70以上もの法科大学院が設置されて定員がふくらんだ結果、合格率は低く抑えられた。法学既修者コース(2年制)修了者が初受験した昨年度の合格率は48%。法学未修者コース(3年制)修了者も加わった今年度の合格率は40%で内訳は既修者46%、未修者32%と差も出た。来年度以降も2、3割台の低い合格率が続く見通しだ。

(2007-10-06 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新しい法曹養成制度の関連キーワード教員養成明治維新新司法試験法曹一元制司法法法制司法制度改革法曹人口の増員国民の理解高木敬次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新しい法曹養成制度の関連情報