コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新しい耐震指針

1件 の用語解説(新しい耐震指針の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新しい耐震指針

名称は「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」。95年の阪神大震災などを機に検討が始まり、06年9月、28年ぶりに全面改定された。影響を評価する活断層は「5万年前以降」から「13万〜12万年前以降」に拡大するなど旧指針に比べ、より大きな地震に耐えられるよう求めている。国の指示を受け、各電力事業者の多くは今月末までに、新指針に照らし耐震安全性に問題がないかを中間報告する。

(2008-03-11 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新しい耐震指針の関連キーワード原子力発電原子炉等規制法多目的原子炉動力炉ETRACRS原子炉衛星耐震指針新耐震設計法耐震化率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新しい耐震指針の関連情報