コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新しい食品の放射能基準

1件 の用語解説(新しい食品の放射能基準の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新しい食品の放射能基準

放射性セシウムは食品全般の「一般食品」が1キロ当たり100ベクレル▽乳児用食品と牛乳が50ベクレル▽飲料水10ベクレル。暫定基準に比べ一般食品は5分の1、牛乳が4分の1、飲料水は20分の1の低い値となった。基準値を超えると出荷停止の対象となる。検査についても50ベクレルを超えた品目を重点的に調べるよう指針を改正。対象地域を細かくし、検査品目やサンプル数を大幅に増やした。

(2012-04-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新しい食品の放射能基準の関連キーワード放射性物質セシウム原子時計セシウム一三七セシウム光電管コメの放射性物質検査食品における放射性物質の暫定基準焼却灰と放射性物質コメの放射性セシウム検査ストロンチウムとプルトニウム放射性セシウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone