コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新一筆啓上賞

1件 の用語解説(新一筆啓上賞の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新一筆啓上賞

1993年、福井県丸岡町(現・坂井市)が町おこしに始めた。徳川家康の忠臣で初代丸岡藩主の父、本多重次が陣中から妻に宛てた「一筆啓上火の用心、お仙泣かすな馬肥やせ」の短い手紙にちなみ、字数は40文字以内。これまでの19回の応募は国内外から100万通を超す。

(2012-01-27 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新一筆啓上賞の関連キーワード坂井丸岡藩坂井市竹田川カニ坊みくにゲンキー日東シンコー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone