コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新世代火力

1件 の用語解説(新世代火力の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新世代火力

ガスを燃やすガスタービン発電と、その廃熱を利用した蒸気タービンによる発電を組み合わせたコンバインドサイクル方式や、炭素分が少なく水分が多くて質が良くない石炭をガス化して利用する方式を採用した火力発電などを指す。従来の火力発電より熱効率がよく、資源の節約やコスト低減になる。二酸化炭素大気汚染物質の排出も抑えられるという。

(2014-06-20 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新世代火力の関連キーワードタービン発電機高炉炉頂圧回収発電装置複合発電方式石炭ガス化複合発電コンバインドサイクル発電ガスタービン発電ガス炉軸流タービンガスタービン機関車ガスタービン発電所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新世代火力の関連情報