新世界(読み)しんせかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新世界(世界史用語)
しんせかい

ユーラシア、アフリカに対して、15世紀末の大航海時代以降に新しく発見され、世界史に登場するようになった地域。旧世界に対する語。南北アメリカとオセアニアおよび太平洋などの海域をさす。海域を除けば新大陸と同義。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新世界の関連情報