コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新世界と通天閣

1件 の用語解説(新世界と通天閣の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新世界と通天閣

新世界は、大阪市浪速区恵美須東にある、通天閣を中心とした繁華街。初代通天閣(高さ75メートル)や遊園地「ルナパーク」が開業した1912(明治45)年7月3日を街開きの日としている。初代通天閣は43年に火災に遭い、解体。現在の通天閣は住民らの出資で56年に再建され、高さは103メートルに。入場者数は75年度に20万人を切ったが、平成に入って盛り返し、2011年度は約122万人。

(2012-07-03 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新世界と通天閣の関連情報