コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新中期防衛力整備計画 しんちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく

1件 の用語解説(新中期防衛力整備計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新中期防衛力整備計画
しんちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく

略称は新中期防。 1986年から 90年の5ヵ年を対象とした中期防衛整備計画に続く次期防衛力整備計画を指す。 90年 12月 20日,政府は次期の中期防衛整備計画を決定した。計画期間は 91年から 95年までの5年間で,総額 22兆 7500億円,年平均実質伸び率は中期防の 5.4%を下回る 3.0%となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新中期防衛力整備計画の関連キーワード三原山早川純一西畑まどかあんみつ姫横浜事件セバスチャン・リベイロ・サルガドアキノSCSI-1アジャコング池田政典

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone