コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新中期防衛力整備計画 しんちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく

1件 の用語解説(新中期防衛力整備計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新中期防衛力整備計画
しんちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく

略称は新中期防。 1986年から 90年の5ヵ年を対象とした中期防衛整備計画に続く次期防衛力整備計画を指す。 90年 12月 20日,政府は次期の中期防衛整備計画を決定した。計画期間は 91年から 95年までの5年間で,総額 22兆 7500億円,年平均実質伸び率は中期防の 5.4%を下回る 3.0%となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新中期防衛力整備計画の関連キーワード計測震度中期防衛力整備計画中期防岩手県久慈市新中の橋秋田県能代市新中島秋田県湯沢市新中道千葉県富里市新中沢奈良県大和郡山市新中町佐賀県佐賀市新中町HRS

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone