新井 勝利(読み)アライ ショウリ

20世紀日本人名事典の解説

新井 勝利
アライ ショウリ

大正・昭和期の日本画家 多摩美術大学教授。



生年
明治28(1895)年3月6日

没年
昭和47(1972)年6月21日

出生地
東京・京橋

主な受賞名〔年〕
日本美術院賞(第25 26 27 28回)

経歴
明治42年ごろ梶田半古に師事、巽画会に出品して受賞。大正4年日本美術院研究生となり昭和4年安田靱彦の指導を受け、5年「葡萄」が第17回再興院展に初入選した。11年日本美術院院友、第25〜28回展で日本美術院賞を連続受賞、16年同人となった。15〜19年法隆寺壁画模写。18年海軍報道班員としてトラック島などに従軍。戦後は日本美術院に出品、24〜40年多摩美術大学教授。「玄奘三蔵」「伊勢物語より七題」「源氏物語より三題」などが代表作。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android