コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井芳宗 あらい よしむね

美術人名辞典の解説

新井芳宗

画家。文久3年(1863)江戸生。初代歌川芳宗の末子。名は周次郎、初号は年雪。浮世絵を父及び月岡芳年に学ぶ。父の号一松斎芳宗を継ぎ二代目となるが故あって新井氏を名乗った。新聞雑誌の挿絵で知られ、代表作に「撰雪六々談」「海女の図」がある。芝増上寺境内に住した。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

新井芳宗の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝マネ中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグルナンウィグモアエルギン小松小太郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android