コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新京極良経

美術人名辞典の解説

新京極良経

鎌倉前期の公卿藤原良経。兼実の子。左大臣摂政太政大臣等を歴任歌人として有名であり、詩人でもある。さらに能書家であり、その書風は後京極様といわれる。後京極様はおもに鎌倉期に広く流行した。著書に『月清集』『殿記』がある。建永元年(1206)歿、38才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android