コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新合併特例法

1件 の用語解説(新合併特例法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新合併特例法

05〜09年度の時限立烹国の指針に基づき、都道府県が合併推進構想を作成。構想に盛り込まれた市町村には知事が合併協議会の設置を勧告でき、市町村は議会に諮る必要がある。旧合併特例法合併特例債は廃止されたが、合併推進債の起債や、合併後の普通交付税の急減を緩和する措置など、優遇措置がある。

(2006-03-14 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新合併特例法の関連キーワード時限錠時限スト時限立法産廃特措法(特定産業廃棄物支障除去特別措置法)新しい耐震指針地方分権改革推進法新耐震指針に基づく再評価県立高校の共学化改正地震防災対策特別措置法PCT条約に基づく特許出願

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone