コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新和海運 しんわかいうん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新和海運
しんわかいうん

海運会社。 1950年 GHQの指示により日本製鐡から分割,日鐡汽船として設立。 62年東邦海運と合併し,現社名に変更。 64年日本郵船の系列会社となる。大口荷主である新日本製鐵の鉄鋼原料の輸送を主力に,穀物,石炭などの運搬も行う。中国との関係が深い。事業内容は,専用船 36%,不定期船 35%,近海船 10%,タンカー 18%,その他1%。年間営業収入 741億 8800万円 (連結) ,資本金 81億円,船腹量は5隻 (74.6万t) ,従業員数 223名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新和海運の関連キーワード連合国総司令部幣原喜重郎内閣連合国最高司令官総司令部コーエン セオドア日本労働組合総評議会新藤兼人見返資金吉田茂内閣D.W. コンデ安藤 明

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone