コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新型の出生前診断

1件 の用語解説(新型の出生前診断の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新型の出生前診断

妊婦の血液で胎児の3種類の染色体異常が高い確率でわかる。採血だけで簡単にでき、「十分な情報がないまま検査を受ければ命の選別につながる」との指摘もある。日本産科婦人科学会は指針で、対象を他の検査で染色体異常が疑われた場合や高齢妊娠などに限定。「十分な遺伝カウンセリングができる」と日本医学会が認定した施設のみで行う。現在15病院が認定されている。血液は米国の検査会社に送られ、2週間で結果が出る。

(2013-04-28 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新型の出生前診断の関連キーワード羊水検査ギムザ染色常染色体逆位オートソーム三染色体性子宮内栄養不良新しい出生前診断血液による出生前診断性染色体異常

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新型の出生前診断の関連情報