コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新型インフルエンザのワクチン

1件 の用語解説(新型インフルエンザのワクチンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新型インフルエンザのワクチン

季節性のワクチンは小瓶(1ミリリットル)で流通しているが、新型では大瓶(10ミリリットル)も導入された。大瓶と小瓶の割合はほぼ半々にする予定だ。1回の接種量は大人が0・5ミリリットル、6~13歳未満は0・3ミリリットル、1~6歳未満は0・2ミリリットル。大瓶で残さないためには大人で18人程度、子どもではその倍ほどの人数が必要になる。

(2009-11-13 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新型インフルエンザのワクチンの関連キーワード混合ワクチンソークワクチン生ワクチン計量スプーン死菌ワクチン多価ワクチン三種混合ワクチンセービンワクチンワクチンソフト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新型インフルエンザのワクチンの関連情報