コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新型インフルエンザの国内初感染

1件 の用語解説(新型インフルエンザの国内初感染の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新型インフルエンザの国内初感染

昨年5月16日、県立神戸高校の男子生徒が新型の豚インフルエンザウイルスに感染していることを厚生労働省が確認。国内での感染が確認された初のケースとなった。感染者は高校生を中心に拡大し、県内で5月末までに約200人の感染が確認された。県や神戸市は同16日から学区ごと、同18日からは全県で小中高校などの休校を決めた。民間団体の調査では、神戸市内の事業所の約9割が売り上げや客の減少などの悪影響を受け、県内宿泊施設では5月だけで約5万人分の予約がキャンセルされた。

(2010-05-14 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新型インフルエンザの国内初感染の関連キーワード神戸商科大学ストーム壮丁丁男佐久長聖高校カレー毒物混入事件南足柄市の拳銃強奪事件県立高校の共学化伊丹市中学生暴行死事件沖縄戦と学徒隊

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone