コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新型インフルエンザの流行

1件 の用語解説(新型インフルエンザの流行の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新型インフルエンザの流行

最悪の場合、日本国内で死者64万人、愛知県内でも3万6千人に上るといわれる。厚生労働省の方針では、感染者が1人でも確認された時点で、都道府県単位で学校を休校し、映画館など不特定多数が集まる施設にも営業の自粛を求める。一般的に大流行すると、大量の患者と死者▽医療サービス提供の破綻(はたん)▽インフラ従事者の感染による社会・行政機能のまひ▽企業活動の制限と、これに伴う企業の崩壊――などが想定されている。

(2009-01-07 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新型インフルエンザの流行の関連キーワード自給率属地主義最悪献花台日本国尽マキシミン戦略外国税額控除ブルセラ菌と鼻疽菌レクサス日本国内特許

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新型インフルエンザの流行の関連情報