コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新型インフルエンザ患者の受診の流れ

1件 の用語解説(新型インフルエンザ患者の受診の流れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新型インフルエンザ患者の受診の流れ

インフルエンザ様の症状(38度以上の発熱、または、急性呼吸器症状が二つ以上)が出たら、まずは受診前に、発熱相談センターに電話し、渡航した人との濃厚接触の有無など伝える。その後に、発熱外来に行って検査で感染の疑いが濃厚ということになれば、国内で大流行前の時期なら、患者全員が感染症指定の専門病院に強制的に入院させられる。大流行期に入った後なら、感染者数に対応し切れないので専門病院に入院できるのは原則、重症者のみになる。

(2009-05-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新型インフルエンザ患者の受診の流れの関連キーワードインフルエンザ豚インフルエンザインフルインフルエンザ菌b型インフルエンザ脳症Aソ連型インフルエンザウイルスA香港型インフルエンザウイルス馬インフルエンザ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone